スポンサーリンク

今回は演技プランの話。ガッツリ芝居の話ではありますが…。多くの方へ演劇の魅力を身近に感じていただきたく思っておりますので、演劇をしたことがない方でも分かりやすく、またお役に立てるお話になればと進めさせていただきます。ではさっそく、今回は、俳優の『演技プラン』についてですが・・・

この演技プランとは何ぞや??

この言葉…お芝居をされている方もあまり聞きなれない言葉かもしれませんね。簡単に言うと、俳優がどのように演技を組み立ててお客さんにお見せするか?この戦略のことを演技プランと私は申しております。大体、お察しの通りですよね(笑) 

演技については俳優の方々それぞれのアプローチがあるので、今回の話はこういう話もあるよという程度で聞いていただければと思うのですが、私自身はこの演技プランのおかげで、かなり現場で得をしていまして、出来ましたら、この方法を是非お試しいただきたく思っております。

さて、何故演技プランがあった方がお得かというと、それは…

演出家を驚かせることが出来るから

です。 まぁ、中には全然驚かない人もいますが(笑) 驚く確率が上がるというお話です。ではどうして、演出家を驚かせた方がお得なのかというと、

「稽古の主導権を握りやすくするため」

ということです。

…???って感じですよね(笑) これだけでは分かりませんよね(笑) そうなんです。これには深~い理由があります。私の今まで経験してきた演劇を作っている現場は、

「演出が正しい」

という風潮がプロでもアマでも多くあり、「演出の言葉は絶対!」という空気があるのですね。このような空気で稽古してる時、俳優陣はあまり稽古が楽しそうに見えないのです。そりゃ、稽古は真剣にやるもんだ! これだけ言うと、お𠮟りを受けそうですが、私が申し上げたいことは、稽古を真剣に取り組んでいても楽しんでいないように見える俳優が意外に多く、これは少し問題のように思えるのです。

「それは仕事だから仕方がないよ」

そう思われる方もおられますが、仕事だからつまらないという考えで片付けて良いのだろうか?? それよりも、強く感じるのは、

真剣に取り組んでいても楽しんでいないように見える俳優は「やらされている」

という感じにどうしても見えてしまうのですね。みんな俳優がやりたかったからしているはずなのに、いつの間にか「やらされてる」っておかしいと思ったのです。ですので、演出が正しいという雰囲気を止めして、「こういう見せ方も有りだよね」っていう俳優の方から「目に見える形」で演出に提案し、演出が「それいいかも」っていう風な、お互いが作り合っているという稽古場環境にしたいわけです。この時に、俳優陣にも主導権が握れば、演出も俳優もお互いが意見を聞き合う環境になって双方が楽しくなるということです。

「そんなの当り前じゃないか」

そう思われる方、ごもっともです(笑) でも、この当たり前が出来ていない環境は本当に多いのです。会社でも、仕事を楽しんでいる人は時間があっという間に過ぎますが、仕事をつまらないなと思う人は時計ばかり見て仕事することになりますよね。楽しんで仕事すればいいことじゃないと言われれば、これは当たり前のことですが、それが出来れば苦労はしない(笑) これが現実的ではないでしょうか。ですので、これからするお話は、物事を楽しむやり方でもあると思うので、色々応用が利くかなと思います。

さて、話は大きく戻りますが(笑)

演出を驚かせると主導権が握れるとはどういうことかというと、人は驚くと、素直に相手を受け入れるようになります。お笑いとかでしたら、「そう来たか!」ということで笑うことかと思われますが、これは意表を突いていますよね。意表を突かれることにより驚き、相手をあるがまま受け入れて笑うということをしています。ですので、構えて見られると、驚かれる確率が少ないので、なかなか笑いに繋がらないのはそういうことも言えるのです。驚くということは、今までの視点では及びもつかないので、素直に情報が受け取りやすくなるのですね。俳優が演出を驚かせると、演出は「最後まで見せてもらおうじゃないか」というスタンスになります。そうすると、思い通りに稽古が進められるという寸法なのです。ですから、驚かせることは結構ポイントなのです。

さてさてさて、次の問題です(笑)

では、どうやって驚かせるのかということですよね。演出家を驚かせる方法を簡単に言いますと…

台本に書いていないことをする

えっ???

おいおいって感じですよね(笑) なんかこう書くとかなり…アウトローですよね(笑) これがどういう流れになって驚くことに繋がるのか次のページで順序だって話して参ります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です