なんのこっちゃというようなお題ですね(笑)

皆さんは、演技と聞いてまず、どのようなイメージを持たれますか?

あんまり良いイメージがない??

そういう方もおられると思います。

普段の会話で、演技という言葉が出ると

嘘っぽい時に使われますものね(笑)

だからそれはそれで仕方がないのですが…(笑)

本当はですね。

演技って実はとっても凄いんです‼

ってことを声を大にして申し上げたい(笑)

と思っているのです。

演技とは、私たち俳優にとってとても崇高なものだと考えています。

演技は人の心を動かし、影響を及ぼすもので、とても素晴らしい技術であります。

ですので今回は、演劇をこれから始められる方、または演劇にご関心がある方に、演劇の素晴らしさをお伝えできればと思っております。

目次
1.本当の演技とは
2.演技は心を動かせる技術

1.本当の演技とは

まず、簡単に演技のご説明をさせて頂きます。

演技は、字のごとく演じる技という意味ですが、

この演じる技というのはどんなものかお分かりになられますでしょうか?

この定義は難しいのですが、私が思うに、表現によってお客様の心に伝わる技術だと考えております。

つまり、『伝わる表現』が演技というわけです

では、お客様に表現が伝わってないモノはどうかというと

それは演技ではありません。

演じてはみたけども、伝わらなかったのは演じているだけに過ぎないのです。

「こうすれば表現が伝わる」という確固たるものでなければ演技とは言わないと思っています。

これを聞くと如何ですか?

演技って物凄く難しそうだと感じませんか?(笑)

そうなのです。

演技ってとっても難しいのです‼

ですので、本当の演技とは難しいものなのです(笑)

「だって、お客様の反応は千差万別だし、同じものを見ても違う風に感じることだってたくさんいるじゃない」

そういうご意見もあると思います。そしてそれは間違いございません。

しかしこれはどのような世界でもそうです。

例えば、美味しい料理屋さんであっても、中には口に合わない人だっておられます。

では、そこの料理人の技術はないのかというと

そんなことはありません。

多くの人を満足にさせているという技術をお持ちになられています。

多くの人に表現が伝わる技術が本物の演技なのです。

では、次のページで本物の演技である『伝わる演技』とはどのようなものかご説明させていただきます。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。