演出と勝負するために俳優は準備万端で稽古に臨みます。

ここに迷いがあってはいけませんし、答えのないまま臨むことをしないようにすることが求められます。

どうしてかというと、もし上記のような答えのないまま稽古に臨むと、

全く面白くなくなるから

です。

つまり、このような稽古をしているということは自分から稽古を面白くさせないようにしていると言えるのですね。

集団の中で自分のやりたいことをしたいのであれば、

率先して、稽古に取り組むことが肝心なのです。

何故、それが肝心かというと、もしも答えのないものを持ってくると、おそらくダメ出しを貰うことになると思うのですが、

そのダメ出しの内容というものは、

「それではダメだ!もっとこうして欲しい」

という演出からのオーダーが来ることになると思うので、相手の意向に沿った物の作り方にシフトすることになり、自分で想像した表現とはならず、相手のニーズに応えなければいけないという強制的なモノとなるのです。

こうなると、想像力を失い、タスクをこなすことに対してのみの行動となるため、面白くなくなるのです。

そうならないためにも、自分の想像力で作り上げたもので勝負して欲しいのです。

また、このようにして勝負すると、仮に演出のダメ出しを受けても、自分が精一杯やったことなんだからと妙に諦めがついて、演出のプランを素直に聞き入れ、その表現で勝負するならどういう風に演じようかしらと相手のオーダーであっても想像的な力が働くものなのです。

そうすれば、当然演劇活動が面白くなるわけなのです。

ではその演劇活動を面白くさせるためには、自主練から作り上げた演技が必要になりますので、今回はこの自主練習の方法の話をさせて頂きます。

自分の感覚から教わる 

またまた不思議なことを言いますが、演技の答えは台本にはありません。

台本は飽くまでも、作品の世界を進めるためのものであるだけで、こうして演じて下さいとは書いていないのです。

だから、読み手の感覚で演技を作り上げなければいけないので、

演技の答えは台本にはなくて自分の心の中にあるのです。

ここを勘違いされておられる演技者は多いのではないでしょうか。

ですから、自分が台本を読んでどう感じたかで、作品の進行が変わるのです。

仮に、例えば「この台詞は怒りを表現している」とセリフの言葉だけで捉えると、実はそれは間違いだったということもよくあるのです。

何故なら、人間には裏腹な感情表現もあるからです。

この裏腹な表現は、セリフでは怒りの表現となっているが、実は怒りではなく嬉しさを表現しているというセリフだって山のようにあるのです。

しかし、台本を読み慣れない始めたての演技者は、そのことになかなか気がつかずに、

「台詞ではこう書かれているから」

ということに固執し、字面通りの表現をする方は意外と多いのです。

しかし、このようにされる方でも、実は、感覚では「どこかおかしい」と思っているのです。

それは、何故そう言えるかというと、

自分の感情が自然に湧き起こらないから

なのです。

しかしここで、またまた勘違いされる方もおられます。

「演技者は台本貰って演じている訳だから相手の台詞も分かっているし、先がどういう展開も分かるから、感情が動くはずもない」

と。

果たしてそうでしょうか?

いいえ、それは違います。

感情が動くメカニズムが分かれば、感情を湧き起こらせることは出来るのです。

その方法が、

自分の感覚から教わるという練習方法

という訳なのです。

言霊という言葉があります。

これは、言霊にはエネルギーがあり、その言葉の通りに向かう性質があるようなことが言われていますよね。

私もそのように思っていますが、この話をするととても長くなるのでここでは話しませんが、

この言霊と同じように、身体動作でもそれと同じようなことが出来ると考えております。

これが、私の講座でよく出てくる言葉ですが、

身体動作から感情を誘発させるという演技術

なのです。

これは人間の動作はほぼ、無意識で動いていることが多く、動作を起こすことによって感情が誘発されてることを意識的に理解してそれを模倣して、実際に感情が湧き起る感覚を掴み、それを再現させるという方法です。

台詞表現は主に自分の台詞に着目しますが、動作表現は主に相手の台詞やト書きに着目すれば、表現の答えは見えてきます。

つまり、動作表現というものは、相手の台詞に対してどのように感じたかというものが非常に重要で、自分の置かれている状況に対しても、どう自分は感じているかということがとても重要なのです。この自分がどう感じているのかというのが、言わば動作表現となり、その表現が感情を誘発させるトリガーとなるのです。

そして、感情を誘発させるトリガーの代表動作が『息』になります。

これは何度も申し上げていることですが、この息が感情の誘発させるトリガーになるのです。

この息が忠実に守られれば、感情は自動的に誘発させるようになるのです。

これはとっても不思議なことですが、

熟練の俳優と同じ舞台に立ってやり取りをすれば直ぐに分かります。

その熟練の俳優と芝居するととっても芝居がしやすくなるのです。

気がつかないうちにどんどんのせられる感覚が本番の舞台で体験できるのです。

それは、熟練の俳優が見えない感情発動をさせる数々のパズルを劇場空間内でしっかりと組み立てているからに他ならないのです。

こういう技術を身につけるためには、自分で感情が動くメカニズムをよく知る必要があります。

ですので、そのメカニズムをよく知った上で、演技をするとリアリティのある演技を手に入れることが出来るのです。

今、当にそこで生きているという表現になれば、稽古でも場が締まります。こうなると演出も敬意でもって見ることになるので、当然批判的なモノがなくなるのです。

つまり、稽古が面白い方向へ行く環境を自らで作っているということになるのですね。

ですから、このリアリティを追究した演技を是非身につけた方が良いのです。

では、最後に、この演技を身につける方法を具体的にどのように身につけるかというお話を。

まず、身体動作から感情を誘発させるために、感情のトリガーになる切欠を見つけます。

そしてここだというところが見つかれば、そこが動作トリガーとなるので、次にそのトリガーがどのように動作なのかを知る必要があるのです。

例えば、感情のトリガーで息があります。これはどうして息がトリガーになるのかというと、

感情が湧き起る前には必ず息を吸うという動作があるからです。

これはとても重要なことですから覚えておいてくださいね。

細かく言うと感情が湧き起る前には、驚きという動作があるのですが、この驚くという動作が実は息を吸うという動作なのです。

ですから、全ての感情の前には息を吸うという動作があるので、これがトリガーになるのです。

そしてこの息をどこで吸うかということですが、例えば相手の話を理解して驚いた時が、当に息の吸いどころなのです。

喜びであれば、徐々に笑顔になりながら息を吸うであろうし、今までの苦労が走馬灯のように現れるような喜びであるならば、涙を堪えるような息の吸い方にもなるでしょう。怒りであるならば、吸いたくない息を吸わされているというイメージで息を吸うと簡単に感覚が掴めます。

そうして何回も何回もその動作を模倣してみるのです。

そうすれば、あら不思議(笑)

自分の動作から段々とその湧き起る感情が感覚的に掴めて来るようになるのです。

この湧き起こるような感覚を掴めるようになると、後はその動作をするだけに留めて、出力するだけで良いのです。決して表現しようとしてはいけません。そんなことをすると役者の動機が見えてリアリティの世界へ誘えなくなります。出力するだけに留めるということは表現しようする役者の動機を消し込む作業なのです。

すると、観ている人は当にリアリティのある演技を目の当たりにするということになるのです。

観ている人も臨場感を感じている訳ですから、当然ですが、共演者も臨場感を感じて自然に感情が誘発されやすくなるのです。

どうですか?素晴らしい技術だと思いませんか?

このような演技は、自分だけではなく空間までも誘発させるとてつもない技術なのです。

劇場空間をコントロールする技術なのです。

これが伝わるという演技術なのです。

これを知ると俳優はとても凄いことをやってのけている素晴らしい職業だと思うはずです。

誰もが出来る職業ではありません。

この演技技術を本気で学んでいただきたければ、より魅力的な芸術として多くの方に認知されるのではと思っています。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

劇団Blue Earth Theater Company代表

さいとうつかさ

劇団道化座に14年間所属し日本全国、海外で公演。現在は役者の勉強会「いわゆるえんげきの会」と当劇団の代表を務めております。ステージ出演回数は400回以上と実践で培った演技指導が強み。劇団以外でも、演技指導、演劇ワークショップを行なう。スタニスラフスキーシステムを独自にアレンジした実践型メゾッド『ゆるえんメソッド』は今までにはない演技練習法として支持を得ております。特長は「ダメ出しではなく褒め出し」「自分を変えないで本来の自分をみつける」という考えで、演技向上だけではなく「自信を深める」演技レッスンを行なっております。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。