スポンサーリンク

世の中には不思議なことがたくさんあります。科学的に説明できないものはたくさんあります。このような不確定な世の中で、断定的に物事を見て主張するということはある種の偏見のように感じることもあります。

そして、今回のこの表題の「引き寄せの法則」。

そういう法則は本当にあるの?

と聞かれれば、有無の断定はできるのでしょうか?

まだ見ぬこと。まだまだ解明されていないことはたくさんある。その分からないことだらけのことで、判断することの方が、何かとても不思議な感じがします。

因みに、私自身は引き寄せはあると信じています。少なくとも、自分の考え方が変わると自分の置かれている状況も変わる経験もしました。良い風に物事をとらえると、良いことが起きやすくなりましたし、悪いことを考えると悪い方向へ行くことも経験しました。

この経験をして「引き寄せているな」と感じているわけなのですね。

しかし、これはあくまでのそういう感覚で思っているだけなのかもしれません。良いことが起きたのをたまたまだと考える人もいるでしょう。でも、それでは何か面白くないと思いませんか?

たまたまで片づけられるって(笑)

良いことが起きたら、「今日はこれをしたからいいことが起きたんだ」と紐づけした方が絶対に面白いのだと思うのです。こう考えると、ちょっとしたゲームにもなります。名付けて・・・

『普通の人なら嫌な出来事であっても自分なら良い風に考えるゲーム』(笑)

仮に嫌なことが起きたとします。これはもう起きてしまったことなので、もうどうしようもないのですよね。だからその嫌なことを嫌だなと思う時間を短くする方が良いですよね。だから、嫌なことがあっても出来るだけ引きずらずに気持ちを変えることが大切だと考えるわけです。

でも、気持ちを切り替えたいけど簡単には切り替わらない。そのように思われる方もいるのじゃないでしょうか? だから、できるだけ嫌なことにあわないように注意しようとし、行動力が鈍ってします人もいるかもしれません。

しかし、生きていれば、嫌なことは今後も絶対にあります。だから嫌なことが起きてもすぐに立て直せるメンタルを持っておくことで自分を大きくして、何が起きても楽勝っていう風にすればいいのですよね。(極端ですけど)

では、どうしたら嫌なことが起きてもすぐに立て直せるようになるのかということですが、次のページで具体的にお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です