15,928 ビュー

稽古の雰囲気が良いと、作品をみんなで作っているという実感がより一層湧きます。このように一体感のあるモノづくりをすると、大きな力が働き、自分の力以上のものが現れて、それがやがて劇場全体の感動を呼び起こすことに繋がるのです。

しかしこれは経験してみないと分からないものでもあり、一体感がどれほどの価値のあるものか分からない人がいるのも事実です。仮に分かっていても、行動が伴っていない場合もあったりして、一体感の出し方があまりよく分かってらっしゃらない方もおられます。

ですので、今回は、みんながお芝居を作ってると実感できる一体感の作り方をお話しいたします。簡単なお話ですので、是非お試し頂ければと思います。では、早早速次のページへ。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です