笑顔で話しているけども、

目が笑っていない

人っていますよね(笑)

それを見て皆様はどうお感じになられますか?

おそらくその方に対してあまり良い印象を持たないのではないでしょうか。

「心底喜んでいない」「上辺だけ取り繕っている」

このような印象という感じでしょうか。

こういう風に連想すると、

完全に冷たい人に感じますよね(笑)

でもそのような方が本当に冷たいかどうかは分かりません。

もしかしたら、その方なりの最大の笑顔なのかもしれないからです。

ただ、最大の笑顔であっても、人から冷たい印象を持たれるのは悲しすぎますよね。

とっても心の優しい素晴らしい方であっても、あまり顔の表情に出ない方は結構おられます。

ただ、そのことで第一印象を悪くして、周りからよく思われず、孤立する方もいらっしゃいます。

孤立するだけなら良いのですが、辛い仕打ちを受けることもあるやもしれません。

もしそんなことになれば、私はとても残念なことと思います。

ですので、今回は笑顔はどれだけ得かという話と表情が豊かになる練習法をお話しします。

人は自分に関心を寄せる人に好感を持つ

皆様は、自分の話を面白可笑しく聞いてくれる人をどう思われますか?

嬉しいですよね!

自分の話で楽しんでもらっているのは、まるで、その人を笑顔にさせていると感じ、自己重要感が満たされますよね。

だからその自己重要感を与えてくれたそのお相手に好感を持つということになるのです。

だから、周りを笑顔にさせている人はいつも自己重要感が満たされているのだと思います。

でも、自己重要感があまり満たされていない人は、周りを笑顔にさせるという意識よりも

自分がどう見られているか

に意識が行っているのかもしれません。

自分に意識が行くと、

自分がどう感じたかより、相手がどう思ったかの方が重要になってきます。

だから自分の感情よりも優先して相手を観察するということになり、

目に違和感、つまり「目が笑っていない」と感じられるのかもしれませんね。

私は心の専門家ではないので断定は避けますが、

これを演技の観点から言うと、こういうことも考えられるのです。

その前に、普段の私たちの会話の話をしますが、

普段会話をする時は、

相手の反応を見ながら話の展開を作る

ことをしますよね。

ですから、会話中に相手の全体像や態度、雰囲気を意識的にまたは無意識的に両方から見ているのですね。

そして、その見ている目が笑っていないというのは、

その人が心底笑っていないというよりも、もしかしたら相手の全体像や態度、雰囲気にその原因があるのかもしれないという可能性もあるのです。

少し変な言い方になりますが、「あの人笑ってたけど目が笑ってなかったよね」という人はもしかしたら、意識的にか無意識にかは分かりませんが好意的に接していなかった可能性もあるということは否定できないのです。

「そりゃ、あんたみたいな聞き方されたら、笑顔になりたくても笑顔になれんわ」(笑)

ということだってあるのです。

このような少しギクシャクしている表現をする場合は、どうしてギクシャクしてしまったのかという動機を考える。つまり双方の立場でものを考え動機を探ることが演技プランでは重要になってくるのです。

このような考えで見えてくるのが、

人間関係には自分の問題と相手の問題ははっきりとあって、

自分を受け入れるかどうかは相手の問題であって自分ではない

ということを自分の中で明確にしておくことが重要なのです。

つまり、自分が受け入れられる人間かどうかというのが問題ではなくて、

相手をしている人を自分が受け入れられるかどうかという視点で考えれば、相手にどう思われているかという考えはさほど重要ではなくなる

のではないでしょうか。

人間関係の合う合わないは自分で決めたら良いんです。人に合わせようとするから、ややこしくなることだってあるのです。

ただ……

自分と合う人があまりいないなと感じているようであればこれはこれでまた話は違ってきます。

もしそうなった場合は、自分に問題があると考えることも必要になります。

特に会う人会う人みんなが自分をさけていると感じているのであれば、それは自分の今の考え方を変えた方が良いですよというサインなのかもしれません。

自分だけになると周りが見えない…すると周りとの距離が出てきているのかもしれない…

自分の方に意識が行ってしまうと、当然周りが見えなくなります。周りが見えなくなると周りが自分に望んでいるものも当然分からなくなります。でも、自分では周りと仲良くしたいものですから、自分なりのおもてなしを周りの人にしているのかもしれません。しかし、周りのニーズには応えていない状態ですので自分なりのおもてなしをしてもなかなか受け入れてもらえないことになってるのかもしれないのです。

自分は親切なことをしているけども、周りはそんなことは必要ではないという感じになっているのかもしれません。そうなると人間関係はギクシャクはします。

ですので内向的になると人間関係の構築はなかなか難しくなるので、ここの考え方を工夫して外向的にすることがまず大事なのではないかと考えるのです。

意識を外に向けること。これが幸せの鍵。

私は内向的な人間だからとかそんな自分に暗示のようなものをかけないで下さいね(笑)

相手のことを大切にしたいのであれば、まず相手を喜ばせる人にシフトした方が楽しいのです。

自分の幸せは人にあげること

では何をあげますか?

それを「笑顔」にしてみませんか?

笑顔は人の心を和らげてくれるものですよね。

だから、たくさんの人を和らげるんだと考えて、誰に対しても笑顔で接していけば、

いつか自分の笑顔は本物になる

本物の笑顔になれば、多くの人のニーズに応えられることにもなります。

そうすれば、もう誰も自分を放っておくことは無くなるでしょう。

そうなれば、自分が如何に必要な人間であるかを実感することになるでしょう。

それが自分の心の余裕を生み、さらなる人に幸せの笑顔を贈れる人になるのではないでしょうか。

笑顔はたまに見せる方が値打ちがある

そんな小さいことを言っちゃダメですよ(笑)

あの人いつも笑ってるねという印象になれば、人は自ずと集まってきます。

これが最高の魅力なのだと思うのです。

もしあなたが会う人会う人に笑顔で接することが出来れば全ての人に「私はあなたに関心を寄せていますよ」ということになります。

そして、人は関心を寄せてくれた人に好感を持ち、やがてあなた自身に関心を持つようになります。

ですので、

笑顔はあなたの一番の魅力となって人を引き付ける力が備わるということになる

のです。

では最後に、素敵な笑顔になるためにはどうすれば良いかを演技的な視点とその練習法をお話ししますね。

笑顔を印象付ける

演技をする時に、これを頭に入れておくと面白いですよということをお伝えしますね。

それは、

人はびっくりすると心に入りやすくなる

ということです。

これはどういうことかというと、

例えば、サプライズのプレゼントは当にその効果でして、

プレゼントにびっくりして嬉しさのあまり涙する方もいらっしゃいますよね。

このように相手に予期させないで、喜んでもらうことが出来たら、それほど素敵なプレゼントはないのです。

このことを考えると、

喜怒哀楽をしっかりと出す人の方がびっくり度が増して良いのですね。

例えば、凄い真剣な顔になっていたのが急に笑顔になったりするとそれだけでサプライズ笑顔になるんです(笑)

だから、相手の話を本当に真剣に話を聞いて、一喜一憂している人は、実はとっても相手からすると魅力的な人になるのです。

ですので、リアクションの素晴らしい芸人さんのように、大袈裟でもいいので、そういう会話の仕方をしてみては如何でしょうか。

毎日が練習です。

まず自分が楽しくなるために大袈裟にする

この練習のポイントはですね。

自分が大袈裟だと思うと相手も大袈裟に見えるので恥ずかしくなりますよ(笑)

だから、自分のリアクションはこれくらいが普通だと思って、日ごろから大きなリアクションをすれば、やがてあなたの周りに人は集まります。

勇気のいることかもしれませんが、もしこれが難しいのであれば、私たちのような演劇で感情を表現する取り組みをすることも良いですよ。

表情の豊かな人といるのは楽しいですし、肝心な時には親身にもなってくれますものね。

何よりも自分が一番会話を楽しんでいる。

その自分の「楽しい」が人の為にもなっている

こういう相乗効果を自分から起こしてみませんか。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

劇団Blue Earth Theater Company代表

さいとうつかさ

劇団道化座に14年間所属し日本全国、海外で公演。現在は役者の勉強会「いわゆるえんげきの会」と当劇団の代表を務めております。ステージ出演回数は400回以上と実践で培った演技指導が強み。劇団以外でも、演技指導、演劇ワークショップを行なう。スタニスラフスキーシステムを独自にアレンジした実践型メゾッド『ゆるえんメソッド』は今までにはない演技練習法として支持を得ております。特長は「ダメ出しではなく褒め出し」「自分を変えないで本来の自分をみつける」という考えで、演技向上だけではなく「自信を深める」演技レッスンを行なっております。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。