写真撮影:soichiro kishimoto さん

スポンサーリンク

私の場合ですが、演劇の練習と稽古では実は全然違ったお教え方をしています。

簡単に言いますと、練習では、違う人になっても良いので自由な発想で取り組むことを提案し、

稽古では、役の人物を介して自分を表現するといった自分を表現することを求めます。

ただ、役の人物を介してというのは、役の人物の心情の表れを自分の身体で表現することになるのですが、自分の身体で表現するためには、色々な経験は必要で、今までしたことがないような経験を表現しようとする場合はどうしても、実際にそれを経験した人を模倣し、そこから自分の感覚にまで落とし込むことが必要なのです。

ですので、まずは、経験した人の真似をすることは非常に大切なのです。

これは言ってみれば、違う人になろうとする行為ですので、自分を表現している訳ではありませんよね。

モデルになる人を徹底的にコピーして自分の感覚にまで落とし込めるようになれば、その時初めて自分のものとなり、それは自分を表現していることになります。

ですので段階的に言えば、

練習では、違う人をモデルにしてそれをコピーする。何回も模倣して自分の感覚にまで落とし込む。そうするとその動作が自分のオリジナリティとなり、自分を表現しているということに繋げていく。

ということですね。

そのようにして演技表現をお教えしております。

練習では私が実践して、これを真似てみて下さいという練習を細かくご指導をしています。

この時によく申し上げることが、

「私がやると伝わるけども、あなたがしても伝わらないことはあるのですよ」

ということ。

これはどういうことかというと、

実際にそっくり真似てみても、自分がしっくりこなければ伝わる演技とはならない

つまり私が実演している演技は全て自分でしっくりきている演技なので意図通り伝わるのですが、

それを教わった側の人はお教えした演技をそっくり模倣したとしても、それが自分にしっくりこないものでしたら、観ている人に意図通りには伝わらないということが起きてしまうのです。

何故なら、しっくりこないということが無意識に身体のどこかで表れてしまっているのからなのですね。

それは、例えば『息』とか『目』とか『手の動きに若干のブレ』に表れたりするものなのです。

俳優の動機からくる演技は、例えどんなに細かなことであっても、その作品の場に合わない違和感をお客様は感じてしまうのです。

しかし、この違和感は本当に軽微なものなので、見過ごしがちになることが多いのです。

「今、おかしく感じたのは気のせいかな?」「私の思い違いかな?」

というようにスルーしてしまうことが殆どなのです。

しかし俳優はこの感覚を実はとても大切にしなければならず、この軽微な感覚、つまり違和感を起こさせないでお客様を無意識的に物語に誘うことが求められるのです。

俳優の動機ではなく、限りなく役の人物の動機を表していると、お客様はその空間に違和感を感じることがありません。

どんどんどんどん物語に入っていただいて、

「気がついたらあっという間に終演だった‼」

というようなご感想を頂けるようになるのです。

嬉しいですよね。

ですので、自分の感覚を信じて、常に自分にしっくりくるような演技を追究したいものです。

では、どうすれば自分の演技表現にしっくりときやすくなるのでしょう?

それは、

自らの演技は人の心を動かすだけではなく、自分の心も動かすようなものであってほしい

ということです。

自分の演技は見ている人だけではなく、自分も情動も働くようにさせることがとても大切なのです。

これの一つが、身体動作を使って感情を誘発させるという方法です。

人間の感情が湧き起こるメカニズムをしっかりと模倣して、それを反復させること。

その反復をした時に感情が湧き起る感覚が芽生える。

その感覚を信じて出力すれば自分の心は動くようになる

のですね。

このような「自分の心を動かす練習」をすることがとても重要なのです。

人の心を動かす前に自分の心を動かしてみませんか?

自分の心が動いていないのに、人の心を動かそうとすると嘘になりますよ。

自分の表現がしっくりくることが、本当に本当に大切なことなのです。

自分の気持ちを置き去りにしないで‼

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

劇団Blue Earth Theater Company代表

さいとうつかさ

劇団道化座に14年間所属し日本全国、海外で公演。現在は役者の勉強会「いわゆるえんげきの会」と当劇団の代表を務めております。ステージ出演回数は400回以上と実践で培った演技指導が強み。劇団以外でも、演技指導、演劇ワークショップを行なう。スタニスラフスキーシステムを独自にアレンジした実践型メゾッド『ゆるえんメソッド』は今までにはない演技練習法として支持を得ております。特長は「ダメ出しではなく褒め出し」「自分を変えないで本来の自分をみつける」という考えで、演技向上だけではなく「自信を深める」演技レッスンを行なっております。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。